住宅改修について

住宅改修とは?

住宅内のバリアフリー化や手すりをつける・トイレを広くするなど介護に必要な住宅改修を行いませんか?
住宅改修とは、住宅改修費を20万円まで支給してくれる福祉サービスです。ただし、購入費用の1割(一定以上所得者は2割)を、対象者が負担する必要があります。

こんなときに住宅改修を

・親の介護を自宅でしたいけど、昔ながらの家だから段差が多くて転倒しそうで心配・・・
・歩くのも一苦労、、、手すりをつけたいけど・・・
・自宅をバリアフリーにしたいけどどのくらい費用がかかるのだろうか・・・?

住宅改修の介護保険利用対象者は?

公的介護保険の認定を受けている方で、在宅されている方

 改修の内容
トイレ洋式便座に変更
段差を解消
便器を洋式に変更
手すりの設置
全体的にスペースを広くする
浴室段差を解消
扉を2枚扉に替えて開口幅を広くする
浴槽を浅くして介護しやすくする
1人でも入浴できるように腰掛け付きの浴槽にする
洗面所段差の解消
玄関スロープの設置
段差解消機を設置して、部屋から直接外出できるようにする
玄関外階段に手すりを設置

 

御提案と見積もりは無料ですので、気楽にお電話下さい。